FXで儲けるために勉強と挑戦の繰り返しです!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
円高円安でわかる世界のお金の大原則 (大人の社会科)
2009年03月17日 (火) | 編集 |
円高円安でわかる世界のお金の大原則 (大人の社会科)
岩本 沙弓
円高円安でわかる世界のお金の大原則 (大人の社会科)
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 31784位
おすすめ度:
発売日: 2009-01-16
発売元: 翔泳社
発送可能時期: 在庫あり。

スポンサーサイト
テーマ:食と健康
ジャンル:ヘルス・ダイエット
強い円は日本の国益
2009年03月15日 (日) | 編集 |
強い円は日本の国益
榊原 英資
強い円は日本の国益
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 32680位
おすすめ度:
発売日: 2008-09-04
発売元: 東洋経済新報社
発送可能時期: 在庫あり。

嫌な奴
榊原英資と言う大蔵官僚の古手が民主党の財務大臣になると言われている。彼は自分でもその積りで、偉そうに振舞っているとか。実に嫌な奴だと思う。
彼は昔、大蔵省の官僚でドル安を防ぐために必死になって円で買い支えた男で、お陰でアメリカからミスター円と言われたと、自身が誇らしげに語っている。

要するにアメリカのお先棒を担いでアメリカに貢献したのである。それが日本の真の国益だったかは甚だ疑問である。

無論、彼は、円高が日本の経済に悪影響を及ぼすからドルを買い支えてドル高、円安を誘導したのは国益だと言うだろうが、それ以上にアメリカに迎合したのが大きな理由だろう。

私が彼を信用できないのはかつての彼のそうした官僚としての行為につてではない。
最近の言動がどうにも不愉快だからだ。

彼は円高が極端に進むと言い、それは日本にとっては良いことだと平然と言う。
かつての円高是正の行動は一体なんだったのか?

また、最近の朝日新聞から出した著書で、日本は没落すると宣言している。
まるで没落することを望んでいるような描き方である。

彼の言動の裏には、自分たちのような優れた官僚様が善導してやらないとこの国は潰れると言った意識が垣間見える。
規制緩和を始めとする新自由主義的な政策の結果が現在の不況を招いた、きちんと優秀な官僚様が規制してやらなければダメだと思っているように感じられる。

彼にとっては小泉、安倍政権の官僚押さえ込みの政策は心底腹立たしかったのだろう。
その流れが少し変わってきて、大喜びしているように見える。

彼は芯からガチガチの官僚で、唯我独尊、国民はバカ、自民党はクソ、みたいな意識が感じられる。

民主党や朝日新聞は現政権に反対なら何でも乗るから、この我利我利の官僚崩れにも乗っているのだろう。

しかし、こんな官僚崩れを大臣に据える民主党も本当にかすだと思う。

民主党は嫌いだが、榊原と言う嫌な野郎が擦り寄るのは正に、類は類を呼ぶと言う感じがしてなるほどと思う。

円高を受け入れるべきか否か
 従来、どちらかというと異端視されてきた“円高国益論”であるが、最近のグローバル経済の激変によって徐々に説得力を増しつつある。本書は、かつて円安政策を推し進めた榊原氏による転向宣言ともいえるだろう。
 もっともそれは著者の言うように状況が激変したからで、新時代への対応の結果だ。資源は高く製品はデフレが進む以上、自国通貨高によるメリットにも目を向けるべきだろう。
 難を言うなら、有望な新産業や製造業の変革についても具体的記述がもっと欲しかったが、まあそれがわかれば誰も苦労しないか。

ミスター円による産業構造とお金の流れの関わりの広い視野からの分析
2008年12月の今は円安バブル崩壊の真っ只中。この本が発行されたのが今年9月中旬のまだバブル崩壊前であることを考えると、それを予見した筆者の、深い知識に裏付けられた先を見通す力を感じる。筆者は大蔵省財務官時代の1995年、1ドル80円を突破する超円高の時に1年で約6兆円の大規模円売り介入を行ったことからミスター円と呼ばれるようになったが、実は2003年からの1年間にその6倍の超大規模円売り介入が行われていたという事実をこの本で知り、かなり衝撃を受けた。今、その付けが一気に回ってきたということのようである。この本では、タイトルにもあるように、強い円の必要性を説いており、その理由も偏見のないグローバルな視点から分かりやすく述べられていて納得させられる。各章で結論も明確に述べられており、読んでいて気持ちがいい。資産保有のあり方を考えさせられる一冊である。

株の確定申告2004.3月申告版 (今日から儲ける!日証の必勝BOOK)
2009年03月14日 (土) | 編集 |
株の確定申告2004.3月申告版 (今日から儲ける!日証の必勝BOOK)
日本証券新聞社
株の確定申告2004.3月申告版 (今日から儲ける!日証の必勝BOOK)
定価: ¥ 1,050
販売価格:
人気ランキング: 614705位
おすすめ度:
発売日: 2003-12-16
発売元: 主婦の友社
発送可能時期:

わかりやすいが・・・
文字も大きく、図表や具体事例などの説明も適切でわかりやすい。ただ、基本的な中味そのものはマネー誌の別冊などとさして変わらない。別に悪くはないのだが、「ぜひ、本書を」という魅力にも欠ける。実用書として、ま、これでも悪くはないという印象。

テーマ:保険セールスのヒント
ジャンル:ビジネス
大家さんのリスク 意外に知らない30の落とし穴
2009年03月02日 (月) | 編集 |
大家さんのリスク 意外に知らない30の落とし穴
高柳 義隆
大家さんのリスク 意外に知らない30の落とし穴
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 38271位
おすすめ度:
発売日: 2008-03-05
発売元: 幻冬舎ルネッサンス
発送可能時期: 在庫あり。

大家さん志願者必読書
多くの、成功している大家さんの書籍が、実際に投資物件の選び方、運営のしかたなど短期的な視点でしか見ていないことに比べると、実際にどんな法的問題を考えておくべきか、建物の一生を考えた上でのトータルのコストが安くなるように修繕計画などが必要であること、大家の義務などをわかりやすく書いてあり、成功した大家さんの本に必ずといっていいほど抜けている視点が記載されています。大家さん志願者には、必ず持っていたいただきたい1冊です。 書籍内で自分のような立場の方をアドバイザーとしていくといいよと宣伝しているのはご愛敬。その点割り引いて星4つの評価です。
 関連法規も掲載されているので必要時に見ることも出来ます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。