FXで儲けるために勉強と挑戦の繰り返しです!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資ストラクチャーの税務―クロスボーダー投資と匿名組合/任意組合
2009年08月30日 (日) | 編集 |
投資ストラクチャーの税務―クロスボーダー投資と匿名組合/任意組合
藤本 幸彦
投資ストラクチャーの税務―クロスボーダー投資と匿名組合/任意組合
定価: ¥ 4,410
販売価格: ¥ 4,410
人気ランキング: 90163位
おすすめ度:
発売日: 2008-12
発売元: 税務経理協会
発送可能時期: 在庫あり。

スポンサーサイト
期間構造モデルと金利デリバティブ (シリーズ 現代金融工学)
2009年08月28日 (金) | 編集 |
期間構造モデルと金利デリバティブ (シリーズ 現代金融工学)
木島 正明
期間構造モデルと金利デリバティブ (シリーズ 現代金融工学)
定価: ¥ 3,780
販売価格: ¥ 3,780
人気ランキング: 80632位
おすすめ度:
発売日: 1999-10
発売元: 朝倉書店
発送可能時期: 在庫あり。

金利系デリバティブで唯一?の日本語良書
金利系デリバティブ理論に関する日本語で書かれた本としてはベストだと思います。というより、ここまで全体を網羅している本は他にないように思います。(単に勉強不足なだけかも知れませんが)
この本を全て読めば、金利デリバティブに関するプライシングの基礎については、一通りのことはわかるでしょう。計算もガリガリできるので計算好きの方にもお勧め。

いい本です。
デリバティブ理論を学ぶのに最適な一冊だと思います。特に一章、二章の内容はオプション理論について簡潔かつ明解に書かれており、私は何度も熟読しました。Hull教授の本を一通り読んだ後で、金利期間構造の理論について詳しく知りたいと思ったとき手にとるとよいのではないでしょうか。

入門書として最適
良書だと思います。
1章、2章で金融工学の基礎知識と、それらを使った一般的なデリバティブ評価法についてコンパクトにまとめられており、特にこの部分は何度も読み返すほど重宝しています。
3章以降ややレベルアップしますが、金利の期間構造モデルの学習に取り掛かる入門として大変為になりました。

国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来
2009年08月19日 (水) | 編集 |
国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来
富田 俊基
国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来
定価: ¥ 6,300
販売価格: ¥ 6,300
人気ランキング: 50163位
おすすめ度:
発売日: 2006-06
発売元: 東洋経済新報社
発送可能時期: 在庫あり。

国債の歴史だけど、国債の歴史でない!
これを読むと、国家だとか、信用だとか、通貨だとかの理念がしみわたってきます。
お勉強として、いろいろ経済を学んであーだこーだいろいろ言いますが、そんなのよりよっぽど経済センスが磨かれると思います。
あーなると金利がどうだとか、民主主義だとか自由経済が前提で理屈を学んでも、それ以上の論理で何かが変わったりする時にも、必ず力になってくれる気がします。
非常に内容が濃くて、大著だと思いますが、せっせとせっせと読みました。
経済を志す人にはぜひ読んで欲しい本です。

国債
国債の歴史と金利の相場がわかります。
かなりがんばらないと読破できないと思いました。

国債市場は、絶えず民主主義の健全性を推し量ろうとしている
 日本の借金は、国債だけで670兆円、ほかに政府短期証券なども加えると800兆円を超え、膨大な数字にもかかわらず、ここのところの景気回復による税収の伸びなどもあり、ひと頃言われていた危機感は、遠のいているような気がする。
 以前からよくある議論としては、国民の金融資産が1400兆もあるので問題ないというものである。また、政府は2011年度には、プライマリーバランス(税収から国債の利払い+歳出を差し引いたもの)を均衡させると宣言しており、実際07年度予算では、最悪期の4分の1以下になるとしている。
 世間では、これで消費税の税率アップも必要なくなったという議論も聞かれている。

 本書は、序章「市場の警告」で、すでに日本の国債は危険水域に達し、外貨建てで見ると明らかに信用リスクプレミアムが乗せられているというところを解き明かすところからはじまる。
 ここを議論の起点として、外国人による保有が少ない、貯蓄超過だからだいじょうぶと言った議論を、閉鎖経済的な考えであるとして明治期や戦前の日本の国債と対比している。
 第1部以降は、イギリスにおける「国債」の誕生から、ナポレオン戦争や南北戦争、二つの世界大戦と歴史的にたどり、壮大な国債史とでも言うべきもので、国債の本質に迫っている。
 こうしてみると、戦争と国債との関わり合いから、国債は進化してきたものであり、現在は景気変動への対策として変質しているものの、破綻と信用回復の歴史であったと言えよう。
 
 われわれは膨大な国債をどう処理していくべきか、処方箋は書かれてはいないが、著者が最後に言う「国債市場は、絶えず民主主義の健全性を推し量ろうとしている」に深い意味を感じる。

テーマ:読んだ本
ジャンル:本・雑誌
おこげ
2009年08月19日 (水) | 編集 |
おこげを作ろうとして
本当に焦がした!!!
旦那に言われましたよ^^;本当に焦がしてどうすんの・・・って・・・
たまたま失敗しただけじゃないー!















タグ:ホールインワン保険 韓国ツアー ブランド m-1発毛
SHARP 金融計算機 ローン(固定・段階金利対応)・複利商品・外貨預金・積立預金計算機能搭載 漢字ガイダンス付 折りたたみタイプ 漢字+12桁数字2段表示 EL-K612-X
2009年08月17日 (月) | 編集 |
SHARP 金融計算機 ローン(固定・段階金利対応)・複利商品・外貨預金・積立預金計算機能搭載 漢字ガイダンス付 折りたたみタイプ 漢字+12桁数字2段表示 EL-K612-X

SHARP 金融計算機 ローン(固定・段階金利対応)・複利商品・外貨預金・積立預金計算機能搭載 漢字ガイダンス付  折りたたみタイプ 漢字+12桁数字2段表示 EL-K612-X
定価: オープン価格
販売価格:
人気ランキング: 20451位
おすすめ度:
発売日:
発売元: シャープ
発送可能時期:

胸ポケットの中のファイナンシャルカルキュレーター
ローン計算(固定、段階、毎月払、ボーナス併用可能) 読みやすい漢字ガイダンス 漢字+12桁数字2段表示 見やすい大型表示。 低反射液晶表示。蛍光灯などの光が反射しにくい、目にやさしく見やすい液晶。 すばやい入力をするために、先に押したキーを離す前に、次のキーを入力しても入力を受け付ける2キーロールオーバー機能つきの早打ち対応。 [+][-][×][÷]のどの演算キーが押されているかを表示する。計算状態がひと目でわかる。 ゴム製のキートップ。 2つおりカバータイプで、携帯に便利。

テーマ:夫婦二人暮らし
ジャンル:結婚・家庭生活
なぜ株式投資はもうからないのか [ソフトバンク新書]
2009年08月17日 (月) | 編集 |
なぜ株式投資はもうからないのか [ソフトバンク新書]
保田 隆明
なぜ株式投資はもうからないのか [ソフトバンク新書]
定価: ¥ 735
販売価格: ¥ 735
人気ランキング: 174085位
おすすめ度:
発売日: 2007-03-16
発売元: ソフトバンク クリエイティブ
発送可能時期: 在庫あり。

一般投資家にとってはとても辛口でためになる本
 株式市場の将来性を評価しつつも、機関投資家との情報量の差で一般投資家はどうしても負けてしまうのだ、と事例を挙げながらわかりやすく説明してしている。

 「ごもっとも!!!」、理屈ではわかっていても、株式市場に大きな夢を見てしまうのが、浅はかな一般投資家心理か。
 ただ残念なのは、解決策の部分が甘いと思う。ITを駆使して壮大な一般投資家連合を作る話は、いくらなんでも夢物語に思える。
 


儲からない理由
株式投資で儲からない理由が本書でよくわかりました。
あたりまえのことをあたりまえに書いてあるのですが、
ズキズキと胸にささりました。


これはダメでしょう。
結局、あとがきの数ページを読めばそれで内容が全部わかってしまう。中身の乏しい本。
本のタイトルを「なぜ○△□・・・なのか」という、某ベストセラーの受け売りにしていることからも想像できるように、
ただ単に手っ取り早く興味を引いて売れればいい、といったやっつけ仕事。著者の経験に裏打ちされた実践データや根拠があるわけでもなく、
これまでいろんなところで述べられ、誰もが知っているような常識話を、さも自分の考えであるかのようにダラダラと書き付けているだけ。
なにがいいたいのか、なぜにこの本を出したのか、意味がわからない。
ちょうど、3流大学の学生が、Googleで検索した文章をコピーして自分の卒業論文に流用し、
少し書きなおして提出する、あの文化?を思い起こしてしまった。

これから購入を考えている人は、とりあえず書店で「あとがき」のみ読んでみたらどうだろうか。

あなたは大丈夫?証券税制 確定申告マニュアル2004
2009年08月14日 (金) | 編集 |
あなたは大丈夫?証券税制 確定申告マニュアル2004

あなたは大丈夫?証券税制 確定申告マニュアル2004
定価: ¥ 1,260
販売価格:
人気ランキング: 669877位
おすすめ度:
発売日: 2003-12-12
発売元: 日本経済新聞社
発送可能時期:

テーマ:働くということ
ジャンル:就職・お仕事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。