FXで儲けるために勉強と挑戦の繰り返しです!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時代即応版 金利が上がるとどうなるか―金利上昇時代の金利・利回りがわかる本 (アスカビジネス)
2009年11月23日 (月) | 編集 |
時代即応版 金利が上がるとどうなるか―金利上昇時代の金利・利回りがわかる本 (アスカビジネス)
角川 総一
時代即応版 金利が上がるとどうなるか―金利上昇時代の金利・利回りがわかる本 (アスカビジネス)
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 162637位
おすすめ度:
発売日: 2006-05
発売元: 明日香出版社
発送可能時期: 在庫あり。

金融や投資の難しい「キーワード」も本書で学べました。
個人で「投資」を考えると、まずハードルとなるのが、「ことば」。
難解な金融用語や利回りについての考え方を丁寧に示してくれる一冊です。

具体的に本書から引用すると「利付債」と「割引債」との違い。
利付債は、所有してる間に利子収入を得られるクーポンがついた債券で
割引債は、購入時に大幅に割引された債券。
もちろん、字面でだいたいの意味は推論できるが、本書では
「利付債は値上がり値下がりに関係なく定期的に収入があり、割引債は
利子収入はなく、債券そのものの値上がりに期待する」といった具合に
丁寧な解説がある。

個人的に数字の強くない方なので、本書にある計算式については時間をかけて
みてゆこうと、思うが金利を取り巻く金融商品の基礎知識を得るために
有用な一冊だと感じた。

スポンサーサイト
テーマ:恋愛小説
ジャンル:小説・文学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。